So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

木曽義仲と女たち 安藤俊子 ひとり語り [開催のお知らせ]

『木曽義仲と女たち‐安藤俊子のひとり語り(八雲会すいせん語りべ)』

【とき】平成20年4月2日(水)2回公演
昼の部:午後1時30分開演(1時開場)
夜の部:午後6時30分開演(6時開場)

【ところ】愛知県芸術小ホール(NHK隣り)

【入場料】前売2300円、当日2500円(全席自由)

【後援】愛知県教育委員会 名古屋市教育委員会

■問い合わせ■
Phone=090‐3482‐1084(安藤)

〈舞台監督〉原智彦
〈音楽〉本間充洋
〈照明〉曽我裕幸
〈音響〉梅村真吾
〈スタッフ〉松本和之 北条照子 外波山節子 本間道子 佐藤つゑ 山本陽子
〈気付〉多治見市井沢美容院


◎◎◎◎◎

名古屋へ越してきた年の夏スーパー一座のオペレッタを観に初めて大須演芸場へ出かけた。

たまたま隣あわせた方たちとチョットした切っ掛けで知り合い連れていって貰った終演後の呑み会。
その席に安藤俊子さんもいらした。

可愛らしい帽子をアミダに被り品の好い薄化粧。お召し物も当然のように洒落ていて細い身体に似合うこと。
お喋りも明るくて(こんな風に年を取れたら…)と思わせる。

それとなく居合わせた人に尋ねると舞台で朗読をなすっておいでの方とのこと。なるほど素人では出せない芸の艶というものかと得心。

初対面でも暮の大須歌舞伎で再見した時も挨拶くらいしか言葉は交わしていないので彼女は覚えてらっしゃらないだろうけれど素敵なおばぁさまとして記憶に残っていた。

その安藤俊子さんの朗読の会が催される。

中日新聞3月12日の記事より

リンクした新聞記事の写真は酷く老けて見える。ごく普通の老婦人のよう。
病後のせいだろうか。

中日新聞には悪いけれど病を押しての公演ということを強調したいが為の演出であることを祈りたい。
2日は夜の部を聞きにゆく。大好きな巴御前が如何に演じられるのか楽しみだ。

◎◎◎

※以下の〈続きを読む〉以降にリンクした中日新聞の記事をコピぺしてあります。
ケータイからだと頁が見にくいのとリンク先の記事が流れてしまう場合を考えて。
ただ全文掲載は著作権上問題になるかもしれませんので暫時削除予定です。
執念の語り部「今、やれるうちに」 後遺症を押して

 物語の語り部として長年活動してきた安藤俊子さん(77)=名古屋市昭和区安田通=が、昨年秋患った脳腫瘍(しゅよう)の後遺症を押して4月2日、東区東桜の県芸術劇場小ホールで公演する。6月に病気の再検査を控え、健康不安が消えない中で、「今、やれるうちにやっておきたい」と、人生晩年の執念を燃やす舞台だ。

 安藤さんは作家活動をしてきたが「いくら出版しても、気持ちが通じているのか分からない」と悩んだ末、1人での語り部を志し、63歳のとき遅い初舞台を踏んだ。母と子、堕胎(だたい)をテーマに書き下ろした「くろかみ哀話」を語った。いじめで中学生が自殺した悲惨な出来事に突き動かされて一気に筆を執った話は、当時大きな反響を呼んだ。

 語りを始めて4年目の67歳の時に、盲目の旅芸人で最後の瞽女(ごぜ)といわれ、102歳で亡くなった小林ハルさんの生涯に肉薄。青森から島根を1年かけて回る過酷な修業にも出た。それがたたってか、その後胃がんが発覚。昨年脳腫瘍が判明し、手術した。今は老人ホームで暮らすが、歩くのもおぼつかない。

 幼いころから目が悪く、かすかに左目が見える程度。離婚も2度の死産も経験した。語ってきた人物の人生に自分が重なることもある。今年は語り始めて15年目。語りへの思いは強く、今度の舞台に上げるのは、戦乱の中で生きた巴(ともえ)御前ら女の葛藤(かっとう)を描く「木曽義仲と女たち」。勝者の歴史だけでは語れない部分を伝えたいとの思いからだ。

 「わたしは、師匠もいない。ただ声というものは絶対にだませない。辛さや波風を受けてきた人の声、話し方はやはり違う」。出会った人の生を肌で感じ、本番に向けて声と語りの内容を練っている。

 昼の部は午後1時半、夜の部は同6時半開演。入場料は2300円。問い合わせは、安藤さん=電090(3482)1084=へ。

 (黒谷正人)


nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 5

edaats

ごぜ唄継承支援サイトを設けています。
よろしかったらお越しください。

by edaats (2008-05-11 20:49) 

おきざりスゥ。

m(__)m 薔薇少女サマ
nice!ありがとうございました。

お礼が呆れるほど遅くなりましたことを御詫び申し上げます。

<(__)>
edaatsサマ
コメントありがとうございました。

さっそく貴サイトへ御伺い致しましたが拙機種の携帯電話からでは閲覧が困難でした(TT)
PCのWeb復帰なりました暁には改めて拝見に参ります\(__)/

☆放置休眠状態の拙ブログにも訪ねて下さる方があると知り驚くとともに申し訳なく思い気持ちも新たに自らに鞭して打鍵に向かう気持ちですφ(..)

去る5/12(月)に安藤俊子氏主催の〈からたち座〉創立第1回公演〈古事記・アラビアンナイト〉を鑑賞し打ち上げにまで同席。
たいへん有意義な夜でした。
感想なぞUPしたく思っています。

閲覧多謝。三拝九拝。

by おきざりスゥ。 (2008-05-14 17:49) 

薔薇少女

おきざりスゥ。さん、PC復帰されたかと
思っちゃいました!?
皆さん所へのコメントは、携帯からだったんですね。
PC復帰されたら教えて下さいね・・・
名古屋にはお住まいなんですか?
お忙しいでしょうから、お答え頂かなくても良いですよぉ。
お元気で・・・いつか又どこかで。。。
by 薔薇少女 (2009-02-06 21:26) 

童貞

はじめまして☆
素敵なサイトですね^^応援してますよ♪

by 童貞 (2010-05-15 10:37) 

マアカ

お元気ですか。
末っ子は6年生になりました。
スゥさんのブログ復帰をお待ちしております。
そして私のダイエットは失敗し続きです。

by マアカ (2014-08-28 20:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。