So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

~ロシアの唄・ジプシーの夜~ [きく。]

久しぶりに夜の外出。
行き先は名古屋今池のライブハウスToKuZo。
新宿ゴールデン街のバー〈ガルガンチュア〉の店主でもある石橋幸と三人組のバンド〈鞴座〉のジョイントライブ。

初めて足を運んだ場所も水先案内の知己と共にあれば寛げる。

二部構成のライブ。
一部は鞴座。

“鞴座とは古式の製鉄に用いられる鞴(=ふいご)を使った火おこしの装置のことです(略)鞴座はバグパイプやアコーディオンなどの鞴楽器と鉄弦ギターを用いた新しい音楽スタイルとなって現代に甦りました(フライヤーから引用)”

初めて見るイーリアン・パイプの演奏の仕組みが判らず凝っと見詰めてしまったけれど耳は留守になることなく西洋的にも東洋風にも感じる音色を味わう。
舌はピザやパスタやホットバタード・ラム・カウなんぞも味わう(旨い)

速いテンポの曲はダンスの素養があったなら踊りたくなるほど軽快。
合間に挟まる訥々としたお喋りもご愛嬌。販売中のCDを遠慮勝ちに宣伝して一部最後の演奏。
(CDは2枚とも購入。ライブ後サインを入れて貰う)

二部は鞴座と石橋幸とのジョイント。

“石橋幸は金具を叩きながら聖地を廻る
神隠しとロシアの地… ロシアの唄をロシア語で歌いあまりに深くロシアの人と土地に共振れする:中上健次(フライヤーから引用)”

実は事前に貰ったライブお誘いの手紙に“ロシアで政治的迫害を受けた囚人達の歌謡を集め唄い継いでいるという事においては世界で彼女以外にはいないのではないでしょうが”とあり(重た過ぎるのは辛いなぁ)と案じていたのだ。

が舞台が始まれば予想に反して明るく楽しい唄の多かったこと。

水先案内人いわく「囚人が監獄で暗い唄歌ってたら耐えられないでしょ」然り。

いつの日も唄は優しい慰めだ。

ロシア語は解らないけれど舞台女優でもあった歌姫は歌詞の内容を寸劇のように演じてから曲に入るってくれるので退屈はしない。

死を扱った唄も彼女は陽気に歌い上げる。いつでも涙は道化の仮面の裏側で流されるように。

実はロシア民謡の流れだったという〈悲しき天使〉を観客とともに歌い会場も和やかな雰囲気のままのアンコール。

アルコールには強くないのでチビチビ呑んでいた一杯のホットバタード・ラム・カウは疾うに冷えてしまったけれど心は醒めやらずの温かな晩にスパシーボ。※moblog投稿ゆえリンクが張れません。
ToKuZo(得三)HPはコチラ
http://tokuzo.com/
Phone=052-733-3709
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

おきざりスゥ。

メール送信した画像…どこへ行っちゃったのかな~?
by おきざりスゥ。 (2008-03-07 17:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。