So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

名古屋大学医学部室内合奏団 第26回定期演奏会 [きく。]

東文化小劇場の便利なところはその立地条件にある。なにしろ名古屋ドームに隣接しているのだ。雨の日でも地下鉄駅から濡れずに行ける。同じ建物の中にある図書館で本を読んでいて小腹が空いたらイオンのフードコートに軽食から丼物まで揃っている(もっとキチンとした物が食べたければ専門店もある)むろん夕飯の買い物だってして帰れる。

クリスマスプレゼントを選んだ帰りにクラシックコンサートを聴いたりもできる。

名古屋大学医学部室内合奏団 第26回定期演奏会に行ってきました。
  1. B.バルトーク ルーマニア民族舞曲 Sz.68
  2. P.I.チャイコフスキー <くるみ割り人形>より3つの小品
  3. E.エルガー 弦楽のためのセレナーデ ホ短調 Op.20
  4. F.シューベルト 弦楽五重奏 ハ長調 D956より第1楽章
  5. L.ヤナーチェク 弦楽のための組曲
  6. 武満徹 <他人の顔>より ワルツ


知っていた曲は<くるみ割り人形>の<葦笛の踊り><金平糖の踊り><花のワルツ>くらいだったけれどそれはいつものこと。音楽は無知なものにも優しい。

配られたプログラムに寄稿している顧問の“大学院細胞科学講座イメージング生理学”(どんな学問か想像もつかない…orz)教授の序文が音楽全般だけでなく和歌・書道・茶道・茶器と多岐に渡るアカデミックな文章を展開していようと恐れてはならない。弦の調べはいつも心地好い。

そして大学に入ってから楽器を手にしたメンバーもいるという彼らの力量を判断する耳は持たないが医学部という忙しい学部で学びながら美しい調べを奏でる学生たちを他人ながら誇らしく思う気持ちは持っている。

医師という重要な職業を選択するべく知識と技術を磨く彼らが芸術によって心に潤いを得ていてくれるのは嬉しい。
美しい豊かなものに触れた感動を忘れずに患者に接してくれるよう、また苛酷な勤務で疲れた心身を癒してくれるよう長い間の趣味にして貰いたいと願う。

綺麗な音楽をありがとう。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

おきざりスゥ。

薔薇少女サンnice!ありがとうございました[ニコニコ]
by おきざりスゥ。 (2007-12-09 23:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。